夢を叶えるヒケツは、○○じゃない人!

自分らしいキャリア×幸せな人間関係

両方かなえたいビジネスパーソン専門

カウンセラーの常光(じょうこう)です。

f:id:jokomizuho:20170411080741j:plain

 

今日は私は三重県の企業さまに

出張カウンセリングです。

 

電車の中でタブレット

このブログを書いています。

 

往復5時間の道のりなのですが、

自然豊かな車窓からの眺めを見ながら、

じっくり本を読んだり

こうした書き物の仕事ができるので、

月2回のこの出張は好きな時間です。

 

さて、今日は夢の作り方について

お話ししましょう。

 

やりたいことが分からない、

自分の夢がわからない

大きなビジョンはあるけど進み方が分からない、

そんなご相談をよく受けます。

 

私自身も自分の未来が分からないこと、

迷うこともあります。

 

未来を考えるときには、大きく分けて

二つのタイプがあります。

 

一つは、まず大きく、

10年後にはこうなっていたい!と

大きなビジョンをイメージして、

そこから逆算して考えていくタイプ。

f:id:jokomizuho:20170611143536j:plain

 

もう一つは、

今週はこう、今月はこう、

そして今年はこうして・・・

足元のことをコツコツして

未来を作っていこうというタイプ。

f:id:jokomizuho:20170423135644j:plain

 

この二つは相反するものではなくて、

夢を叶えるには両方だと必要だと思います。

 

でも、人それぞれ、

どちらが得意でどちらが苦手って

結構分かれるのではないでしょうか。

 

大きな夢を描くのが得意な人は、

ひとりで妄想したり、

共感しあえる仲間と

「10年後こうなれたらいいよね!」って

話すのはすっごく楽しい!!(^^)!

 

でも、じゃ、そのために今月は、

今週は、今日は何しましょうか、

ってなると、え、、、めんどくさい(笑)

何からしていいか分からないってなりがち。

 

足元コツコツが得意な人は、

今やってることの延長線上での

ブラッシュアップは得意(^_^)v

 

だけど、大きく自分を変えるとか

今の延長線にない未来を目指すのは苦手で、

何となく閉塞感を抱えてモヤモヤ・・・

でも踏み出すのは怖い

そんなジレンマを抱えがち。

 

私は完全に後者の

足元コツコツタイプなのですが、

皆さんはいかがでしょうか?

 

後者の足元コツコツタイプの私は、

10年後どうしたいのかな~?って

分からなくなることがあります。

 

f:id:jokomizuho:20170611143751p:plain

 

最近もそうなっていたので、

今、いろんな人に

「10年後の夢を教えてもらえませんか?」

って聞いています。

 

それがすごくおもしろい!(^-^)

 

聴いてみたら、私の周りは10年後、

・一億円規模のビジネスを立ち上げてる人

・別荘を買って自分で手入れしながら
 農業をしている人

・アーティストで大成功している人

・若者に希望を与えている人

・夢を叶えたい人のサポートをしている人

タモリさんと友達になっている人

などなど、

ステキで面白い人たちで

いっぱいになっていることが

分かりました(o^^o)

 

面白かったのは、

いつも一緒にいる家族や友人は

自分と同じタイプなので

共感できるけどあまり面白味がなく(笑)

 

普段そんなにお話ししたことない方の意見が

すごく新鮮で参考になるということです。

 

というわけで、夢に向かいたいときには

身近じゃない方にこそ

聞いてみるのがオススメ。

 

大きな夢を語るのは得意だけど、

そのためにコツコツ、

まずは何からしたらいいか

分からないという方は、

ぜひ私にご相談くださいね♪

 

よければ皆さんの夢も教えて下さい(^-^)

 

自分らしいキャリア×幸せな人間関係

両方かなえたいビジネスパーソン専門

カウンセラーの常光(じょうこう)でした。


☆--------------☆

▼メルマガ(平日毎日配信中)

メルマガ読者さまだけの特典あります♪

http://www.life-c-s.com/mailmag


▼自分らしいキャリア×幸せな人間関係

両方かなえたいビジネスパーソン専門カウンセリング

http://www.life-c-s.com/kojin

☆メルマガ登録で初回割引あり!(^^)

 

☆--------------☆


【今日のつぶやき】

漫画『おとうさんは心配性』で

「ニンベンに夢と書いて

儚い(はかない)と読む、

そう、所詮全て儚い夢なのさ~」

と言って面倒なことから逃げようとする

お父さんが好きでした(^-^;

 

今日も読んで下さって

ありがとうございます(*^_^*)