感情表現は人それぞれ

自分らしいキャリア×幸せな人間関係

両方かなえたいビジネスパーソン専門

カウンセラーの常光(じょうこう)です。

 

f:id:jokomizuho:20170325200158j:plain

 

今日はちょっと重たい話で

いきなりでびっくりされるかもしれません。

 

でも、最後まで悲しい話ではありませんので、 

よければ読んでいただけたら嬉しいです。

 

先日、私の友人の知り合いの方が

お亡くなりになりました。

 

お葬式の後で、友人が、

「みんな泣いてたけど、ああいうとき、

なぜか自分は涙が出ないんだよね。 

心の中ではすごく寂しい気持ちなんだけど。」

と話していました。

 

確かに、私はその友人と

長い付き合いですが、

感情表現をあまりしない人です。

 

でも、私は、その友人が心の中は

とても優しくて、

人に対して思いやりの気持ちに

あふれている人だと知っています。

 

悲しみ方は人それぞれ。

 

涙を流して表現する人もいれば、

その場は気丈にふるまって

後で、ごく親しい人にだけ

寂しさを吐露する人もいる。

 

また、何年も誰にも気持ちを打ち明けずに、

時とともに寂しさが癒されるのを

待つ人もいます。

 

どれが正解、不正解はありません。

どれが普通、もありません。

どちらの悲しみが強い、

弱いもありません。

 

その人らしく、

自然な感情表現が一番です。

 

「みんな気丈に振る舞っているのに、

自分だけいつまでも

くよくよしちゃいけない」

と、自分を責める必要はないですし、

 

「あの人はケロッとしてなんて冷たい」なんて、

他人を責める必要もないです。

 

人それぞれです。

 

大きな悲しみがあると、

特にご家族や一番大切な方との間で、 

悲しみ方の違いから

お互いを責めたり、

分かってもらえないという思いで

二重に苦しまれる方がいらっしゃいます。

 

ぜひ、表現方法は

みんな違うんだ、

違っていいんだって

知っておいてくださいね。

 

自分らしいキャリア×幸せな人間関係

両方かなえたいビジネスパーソン専門

カウンセラーの常光(じょうこう)でした。


▼メルマガ(平日毎日配信中)

メルマガ読者さまだけの特典あります♪

http://www.life-c-s.com/mailmag


ビジネスパーソン専門カウンセリング・コーチング(大阪市中央区

まずは初回体験オリエンテーションへどうぞ。

http://www.life-c-s.com/kojin

 

【今日のつぶやき】

改めて、一日一日を

大切に生きていきたいなと思います。

 

今日も読んで下さって

ありがとうございます(*^_^*)