ミスをなくしたいと思ったら・・・

自分らしいキャリア×幸せな人間関係

両方かなえたいビジネスパーソン専門

カウンセラーの常光(じょうこう)です。

f:id:jokomizuho:20170419212200j:plain

 

ミスしたらどうしよう!

ミスしないようにしないと!

 

そんなふうに考えて、

萎縮してしまうことはありませんか?

 

ご自分はなくても、

そんな部下や後輩に対して

「何か声をかけてあげたいな」

と、感じる方もいらっしゃるかも。

 

結論から言うと、

「ミスしないようにしないと!」

と思うのは、

 

ミスを防ぐうえで

あまり効果的ではありません。

 

理由はいくつかありますが、

今日はその一つをご紹介しますね。

 

それは、人間の脳は、

「~しないようにしよう」という

否定文は理解しにくいのです。

 

例えば、

「ピンクのゾウを

思い浮かべないで下さい」

 

「ピンクのゾウだけは、

絶対に思い浮かべないで下さい」

 

「もしかして思い浮かべてますか?

絶対に、ピンクのゾウだけは

思い浮かべないで下さい!」

 

「ピンクのゾウだけはダメです!」

こんなふうに言われたら、

どうでしょう?

 

ピンクのゾウを思い浮かべている方が

ほとんどではないでしょうか?(笑)

 

「ピンクのゾウを思い浮かべないで」

なんて言われなかったら、

絶対に思い浮かべてないのに、

面白いですよね(^^)

 

f:id:jokomizuho:20170611134559j:plain

 

それと同じで、

 

「ミスしないようにしないと!」

 

「ミスだけは絶対にダメだ!」

 

「気を引き締めて

ミスのないように頑張るぞ!」

 

と思えば思うほど、

 

脳はミスしたときの情景を

アリアリと思い浮かべてしまいます。

 

そして、

「こんなミスしそうだな・・・」と

脳内予行演習が始まってしまいます。

 

まるでスポーツ選手が試合の前に

イメージトレーニングをするように、

 

ミスのイメージトレーニングを

してしまうわけです。

 

すると、いざその状況が来た時に、

そのイメージトレーニング通りに

ミスをしてしまいます。

 

そして、

「ああ!あんなに気を付けようと

何度も思ったのに!

次こそは気を付けるぞ!」と、

 

またイメージトレーニングが始まって・・・

と、無限ループです(T_T)

 

気を付けようと一生懸命思えば思うほど、

悪い結果を引き寄せてしまうって、

ほんと残念ですね(T_T)

 

f:id:jokomizuho:20170518214010j:plain

 

そんな時は、

目標の立て方を変えれば大丈夫!(^^)

 

「ミスしないように」ではなく、

「○○しよう」と肯定文で

目標設定をするのがオススメです。

 

「○○の工程はこの手順でやろう」とか、

 

「分からないことがあったら

相談しよう」とか

 

「やる前にノートを見て確認しよう」とか

 

そんな感じです。

 

それを何度も唱えていたら、

○○の工程が来た時には

イメージトレーニング通りにできますし、

 

分からないことが出てきたら

「相談!」って思い出せますし、

ノートを確認するクセも付きます。

 

肯定文で目標を立てて、

自分が効果的に動ける

イメージトレーニングをしてくださいね。

 

f:id:jokomizuho:20170611134723j:plain

 

私は頭の中がごちゃごちゃしてきたら、

「一つずつやろう。一つずつやろう」

と唱えています。

 

気付いたらこれ、

私の母の口癖と同じでした(^_^;

 

 

自分らしいキャリア×幸せな人間関係

両方かなえたいビジネスパーソン専門

カウンセラーの常光(じょうこう)でした。


☆--------------☆

▼メルマガ(平日毎日配信中)

メルマガ読者さまだけの特典あります♪

http://www.life-c-s.com/mailmag


▼自分らしいキャリア×幸せな人間関係

両方かなえたいビジネスパーソン専門カウンセリング

http://www.life-c-s.com/kojin

☆メルマガ登録で初回割引あり!(^^)

 

☆--------------☆


【今日のつぶやき】

「常光のメルマガだけは

読んじゃだめです!」

「絶対にあのメルマガは読んじゃだめ!」

そう言われるほど、

なんか気になっちゃうでしょ?(^^)

 

今日も読んで下さって

ありがとうございます(*^_^*)