伝えてますか?あなたの想い

自分らしいキャリア×幸せな人間関係

両方かなえたいビジネスパーソン専門

カウンセラーの常光(じょうこう)です。

f:id:jokomizuho:20170421213623j:plain

 

今日は、コミュニケーションについて

書いてみたいと思います。

 

人間関係やコミュニケーションは

相談室でも大人気(笑)のテーマ。

 

「困っている」「もっと良くしたい」

「もっとストレスなく楽にしたい」

そんな思いをお持ちの方も多いはず。

 

ぜひ参考になさってみてくださいね。

 

◆「された」言葉をやめてみる◆

さて、最初のテーマは

「された」言葉です。

人間関係に対するストレスが

多いんです~(+_+)

 

という方のご相談には、

「された」というフレーズが

たくさん出てきます。

 

「上司に怒られた」

「家族に無視された」

「子どもに散らかされた」

などなどなどなど。

 

こう言いたくなるお気持ちは

よーーーく分かります(^^;)

 

しかし、人間は

コントロールできないことを

ストレスと感じるもの。

 

「~された」という

受け止め方をしていると、

ますますストレスが

強まってしまいます。

 

相手が怒ったり

無視したり散らかしたりという

相手の行動は、

コントロールできませんからね。

 

◆「事実」と「気持ち」を分けよう◆

人間関係のストレスを

減らしたいのであれば、

「された」と言うのをやめて、

「事実」+「それに対する自分の気持ち」

と言う伝え方をするのがオススメです。

 

f:id:jokomizuho:20170421214200j:plain

 

「家族に無視された」と言うのではなく、

「家族のためを思って

休日にドライブを提案した。

でも、家族からは何も反応がなかった。

私は無視されたように感じて悲しかった。」

と言うのです。

 

「された」と言う伝え方をしてしまうと、

相手が加害者、自分が被害者という

図式に知らず知らずのうちに

はめ込んでしまいます。

 

それは問題解決には逆効果。

 

「された」言葉を使えば使うほど

人間関係はうまく行かなくなり、

ストレスは増えます。

 

ぜひ、

「事実」+「それに対する自分の気持ち」

で、伝えてみてくださいね。

 

と、言われても、

それが難しい~!

できたら苦労してないわ!

と言う方も多いはず。

 

さらっと書きましたが、

これがなかなか難しいんです。

 

なぜ難しいかと言うと、

多くの人の中で、

事実も、自分の気持ちや評価も

ぐちゃぐちゃになっているんです。

 

そして、自分の気持ちや考えを

「これが事実」と思い込んでいるのですね。

 

そんな状態では、

あなたが「事実」と思っていることと、

相手が「事実」と思っていることが違います。

 

そのまま言い方だけを工夫したところで、

意思疎通がうまくいくはずがありません。

 

でも、大丈夫(^_^)♪

このぐちゃぐちゃ状態を解消するための

トレーニング法がちゃんとあります!

 

◆「事実」と「気持ち」を分けるには?◆

そのトレーニング法とは、

いきなり言葉にせずに、

まずは紙に書いて整理してみるのです。

 

やり方はこんな感じ。

1.ノートを1冊用意します。

2.ページの真ん中に縦に1本線を引き、

  左に「事実」、

  右に「自分の気持ちや評価」

  と、項目を付けます。

 

こんな感じですね↓

   事実  |自分の気持ちや評価
       |
       |
       |
       |
       |
       |
       |
       |
       |

3.心がもやもやしたり、

  あの時、どう言えばよかった?

  と困った状況のとき、ノートに

  事実と気持ちを分けて

  書き込んでいきましょう。

 

例えば、

『事実』の欄に「家族に無視された」

って入っていたら、それは違います。

 

「私は無視されたと感じた」と、

『気持ちや評価』の欄に

書いてくださいね。

 

事実には、家族が実際に

口にした言葉をそのまま、

態度をそのまま書くようにします。

 

こんなふうに書いてみると、

「家族に無視された」と

思っていたことが、

例えば、次のように整理されます。

 

【事実】

・夕食後、「休日にドライブに行こう」と

 私から家族に伝えた。

・長女はあくびをしながら

 「忙しいからいいわ」と言った。

・次女はずっとゲームをしていて

 何も言わなかった。

・夫は「みんなが行きたいなら

 車だすけど。どっちでもいい」と言った。

 

【自分の気持ちや評価】

・私は無視されたように感じた

・せっかく提案したのに悲しかった

・夫にもっと協力してほしかった

 

こんなふうに整理してみると、

「無視された!」と思っていたけど、

長女があくびをしていたのは

無視する意図ではなくて、

本当に忙しくて

休日はゆっくりしたいんだな…とか、

 

次女にはまず

「ちょっとゲームやめて聞いてくれない?」

って言うところから

伝えたほうがいいよね…とか、

 

夫にもっと協力してほしいなら、

事前に夫に

「たまには家族で一緒に出掛けたいから

どうしたらいいかな」って

相談した方が良かったかな…とか

客観的に振り返ることができます。

 

用意するのはノートとペンだけ。

簡単にできますので、

ぜひトライしてみてくださいね♪

 

◆伝えていないものは伝わらない◆

さて、ここまで

「事実」と「気持ち」を分けることを

お伝えしてきました。

 

私はビジネスパーソンのご相談を

日々お伺いしていますが、

対人関係のご相談がとっても多いです。

 

職場の対人関係もあれば、

ご家族などプライベートな関係の

ご相談もあります。


その中で、「相手に自分の気持ちを

分かってもらえない」と

相談される方には、共通点があります。

 

それは

 

---------------

気持ちを言葉にして伝えていない

---------------

 

ということ。

 

残念だけど、

みんなエスパーではありませんので、

伝えていないものが

自動的に伝わることはありません。

 

そうお伝えすると、多くの方が、

「いや、わたしはちゃんと

気持ちを伝えてますよ」

 

「伝わってるはずです!」

と、おっしゃいます。

 

本当にそうでしょうか?

 

◆「怒っている気持ち」どう伝える?◆ 

例えば、何か不当な扱いを受けて

「怒っている」という感情を

相手に伝えたい時、どう伝えますか?

f:id:jokomizuho:20170421221850p:plain

 

大声で怒鳴る?

 

不機嫌そうにため息をつく?

 

むっとした表情を作る?

 

舌打ちをする?

 

引き出しやドアをバン!と乱暴にしめる?

 

「もー!あなたはいつも!!!」と

相手を責める?

 

それで伝わるでしょうか?

いえいえ…

 

残念ながら、それでは、

不当な扱いに対して「怒っている」という

あなたの気持ちが

正確に伝わるかどうかは運任せ。

 

運よくたまたま伝わることもあるけど、

「何か今日機嫌悪いなぁ」

「○○さんって怖い人やなぁ~」

としか相手には伝わらないことも

多々あります。

 

不当な扱いを受けたと感じて

「怒っている」気持ちを伝えたい時には

「私は怒っています」と

ちゃんと気持ちを言葉で伝えるのが

オススメです。

 

大声も、相手を威嚇する態度も要りません。

むしろ、大声を出したり、

相手を威嚇すれば、

相手は「いかにこの場を終わらせるか」

という意識になり、

あなたの気持ちを理解しようとは

ますます思わなくなるでしょう。

 

冷静に、でもはっきりと

「私は怒ってます。なぜなら・・・」と

伝える方が相手の気持ちにぐいっと届きます。

 

「相手に分かってもらえない」って

気持ちになりやすいなぁという方は、

ぜひ一度、

「私はちゃんと自分の気持ちを

言葉で伝えているかな?」

って振り返ってみてくださいね。

 

きっとヒントが見つかるはずです(^_^)

 

◆私も伝えられなかったことが・・・◆

さて、ここまで、相手に伝えたい、

わかってほしい気持ちは、

態度や表情ではなく、

ちゃんと言葉で伝えるのが

オススメ、とお伝えしてきました。

 

実は、私自身、以前は、

これが全くできませんでした。

 

例えば大学生の時、

こんなことがありました。

 

明日提出のレポートを

書かないといけないのに、

友達から電話がかかってきて

おしゃべり。

 

最初は「30分くらいならいいか~」と

思って、楽しく話し始めるものの、

1時間、2時間と経ち、

だんだん「もう切りたいな…」

「レポートやりたいな…」と

思っているのに言えない!

 

言えないどころか、

困っている様子などおくびにも出さずに

なぜかひたすら明るく楽しくトーク(^_^;)

 

それとなーーーく、

「あれ?ちょっと、もうこんな時間!

明日早いんじゃない?そろそろ…」

なーんて匂わせてみるも、

 

友達からは

「全然大丈夫!明日休みやねん!」

という元気な返事。(^_^;)

 

「あ、それならよかったー。」

と、答えつつも、心の中では

「よくねーよ!」

と、悪態ついてるくせに(笑)

またまた言えず。

 

そのうちなんと、

受話器の向こうから

イビキが聞こえてきて…

 

なんと、友達がおしゃべりしながら

寝てしまったのです(-_-;)

 

びっくりしつつも、

まあこれ幸いと

こちらもそっと受話器を置いて

レポートをやり始めました。

 

そしたらまた相手からかかってきて、

「ごめんごめん、私、もしかして

寝落ちしたー?がはははは!

んでー、さっきの続きなんだけど…」

と、トークは続き…。

 

結局、この後も友達の寝落ちを

さらにもう1回はさみつつ、

合計6時間、電話は続いたのでした。

 

そしてそのあと一睡もせずに

レポートを書き、髪振り乱して

提出しに行きましたとも、ええ…(涙)

 

皆さん、私の恥ずかしい黒歴史

長々とお付き合いいただき、

ありがとうございます(^_^)

 

いやー、突っ込みどころ満載ですねっ!

 

まず、電話の最初に

「明日レポートあるから30分だけね」

って、言おうよー、とか。

 

どのタイミングでもいいから

「明日レポートあるからそろそろ切るね」

って、言おうよー!とか。

 

「明日レポートあるから、

終わってからゆっくり会おうよ」でも

いいんじゃないの?!とか(笑)

 

でもね、当時はこんなちょっとしたことも

言えなかったんです。

 

なぜ言えなかったかというと、

言う言わない以前に

ネガティブな感情は感じちゃダメ!

と、思っていたからです。

 

友達の電話を

「長いなー」とか「困ったなー」とか

思っちゃダメ!

と、思い込んでいたんです。

 

実際は、思いっきり

「長いなー」「困ったなー」って

思ってるくせにね(笑)

 

感じることすらダメってことに

なっている気持ちが

表現できるわけがないですね。

 

そして、自分が相手に対して

「ネガティブな感情を持っちゃダメ!」と

思っているから、

 

友達からも

「ネガティブな感情を持たれちゃダメ!」と

思っていて、

「電話切りたいって言って

嫌われたらダメだ!」と思い込み、

ますます言えなくなっていました。

 

もう、心の中が感じちゃダメ、

表現しちゃダメなことだらけで

がんじがらめです。

 

苦しかったね~…当時のワタシ。。。

 

それから私も、

心理学を学び始めて15年。

 

学んだおかげで、

ネガティブな感情も

ポジティブな感情も

どんな感情も感じていいんだと

分かりました。

 

暖色ばかりのクレヨンでは

きれいな風景は描けないように、

ポジティブであれ、

ネガティブであれ、

すべての感情は同じように

大切なものだと気が付きました。

 

長年のクセというのはすごいもので、

それでも未だに、

ネガティブな感情には

気付くのが遅れることがありますが、

遅れてでもちゃんと分かって

表現できればいいのです。

 

皆さんの中で、

ここまで読んでいただいて、

「わかっちゃいるけど、できないよ!」

と思われた方もいらっしゃると思います。

 

昔の私がそう思ってましたから、

手に取るように気持ち分かります。

 

でも大丈夫!(^^)!

 

どんな人でも、

必ずその人らしく

表現できるようになるんです。

 

信じてちょっとずつ

トライしてみてくださいね♪

 

f:id:jokomizuho:20170421223553j:plain

 

もっと楽に、

もっと自分らしく

表現できるようになりたい方は、

ぜひカウンセリングもご利用くださいませ。

お待ちしております。

 

自分らしいキャリア×幸せな人間関係

両方かなえたいビジネスパーソン専門

カウンセラーの常光(じょうこう)でした。


▼メルマガ(平日毎日配信中)

メルマガ読者さまだけの特典あります♪

http://www.life-c-s.com/mailmag


▼自分らしいキャリア×幸せな人間関係

両方かなえたいビジネスパーソン専門カウンセリング

http://www.life-c-s.com/kojin

☆メルマガ登録で初回割引あり!(^^)

 

【今日のつぶやき】

失敗談のストックが

いっぱいあってよかった!

(まだまだあるよ、黒歴史♪)


今日も読んで下さって

ありがとうございます(*^_^*)