急ぐときほど深呼吸

ビジネスパーソン専門

自分らしい生き方×幸せな人間関係

カウンセラーの常光(じょうこう)です。 

f:id:jokomizuho:20170305094750j:plain

 

昨日、道を歩いていたら、

10歳くらいの女の子が

かなり切羽詰まった様子で走ってきました。

 

「す、すいません、、、あの、、、

○○駅の3番出口はどこですか?」

どうやら道に迷ってしまったようです。

 

急いで走ってきたようで、

ゼエゼエ!ハァハァ!

ものすごく息も荒いです。

 

3番出口は駅をはさんで反対側でしたので、 

私は、「ここまっすぐ戻ったら駅だから、 

一度駅まで戻って駅員さんに聞いたら

すぐわかると思うよ」と伝えました。

 

すると、

「駅員さんには聞いたけど分からなかった」

とのこと。 

 

駅員さんに聞いたのに、

なぜか今、駅の反対側を走っているという

ミステリー。。。(^_^;)

 

方向音痴な私は、

心の中で、「わかるわーーー!」と、

勝手に女の子に親近感を抱きつつ、

スマホの地図アプリを一緒に見ながら、

道順を説明しました。

 

女の子はまだ不安そうでしたが、  

「ありがとうございました!」と言って、

また全力ダッシュで走って行きました。 

 

走り去る女の子の背中を見ながら、

大人だったら、相手に電話して

「ごめん、迷ってる~」って言えばすむのに、

子どもは大変だなぁ~。。。

と、思ったところで気づきました。 

 

あ!そうか! 

電話をかしてあげるという手もあったか!

つい、女の子の急いでるモードにつられて、

私も焦って

「とにかく急いで3番出口を教える!

1分1秒でも早く!今すぐ!」

そんなモードになっていました。

 

落ち着いてみれば、  

解決策はそれ以外にもいろいろありますね。 

 

急いでいるときほど、いったん深呼吸して

心を落ち着かせるのが大事ですね。 

 

まあ、迷って切羽詰まっても

見知らぬ人に「教えてください!」って

ちゃんと言える女の子ですから、

多少遅れても何とでもなっているでしょう(^-^) 

 

ビジネスパーソン専門

自分らしい生き方×幸せな人間関係

カウンセラーの常光(じょうこう)でした。

 


▼メルマガ(平日毎日配信中)

メルマガ読者さまだけの特典あります♪

http://www.life-c-s.com/mailmag


ビジネスパーソン専門カウンセリング・コーチング(大阪市中央区

まずは初回体験オリエンテーションへどうぞ。

http://www.life-c-s.com/kojin

 

【今日のつぶやき】 

分からないときに「教えて!」と

言えるのが、かっこいいなぁ!

 

今日も読んで下さって

ありがとうございます(*^_^*)